医師と看護師の仕事選びのポイント 大変な職場だからこそ、勤務先選びは大切です!

深刻な人手不足のために、勤務条件の悪さから医療から離れてしまう人も増加し更に、深刻な状況になってきています。病気になった時に無くてはならない医療の現場の仕事環境を考えてみませんか?

先の展望を考えた職探し

病院で勤務しているひとの中で、今後は開業医を希望している人も少なくないといえます。

理由としては、病院での勤務は夜勤があること、給料を比較してみると、開業医の方が年収が高い事などがあげられます。

ですが、開業をしたところで、全ての人達が成功しているとは限りません。
病院で勤務していたときの医師の評判なども開業してからの、経営に大きく左右するものとなっています。

今後、ある一定の期間は勤務医として働いて、その後に開業を希望している方は、病院での働き方や、周りのスタッフとの人間関係などには気を配った勤め方が必要となるのではないでしょうか。

病院からの紹介で、退院後の通院先として紹介を受ける事なども状況によっては可能となるため、しっかりと勤務することが大切になります。

残念ながら医師転職は内科から外科に移動することはとても難しいようです。一から勉強する必要がありますし、手術経験が必要になります。逆に移動するパターンは多いと思います。外科から内科に移動することは難しいことではないからです。

他の職業と比べると医師転職や医師アルバイトは多いほうです。医療機関は常に人手不足なので、求人が多いです。

医師転職はキャリアアップや収入アップが目的です。他の病院に移ることで、キャリアアップできることがあります。

内科の求人はとても多いですが、耳鼻科の求人は極端に少ないです。耳鼻科は医師の負担が多いと思います。

精神科医の医師求人は安定的に数多くあります

精神科医と心療内科医の医師求人は、長年安定的に数多く見つけることが出来ています。ただし募集要項は割と細かい要望を付けている、病院やクリニックが多く、精神保健指定医のみの募集や、内科領域対応可や経験がある医師のみ募集などです。しかしながらすぐに応募が殺到しています。

特に内科領域の経験のある医師は、すぐに転職先が見つけられるという状態が続いているので、他の科から転科される医師も多く居ます。転科された医師も転職先を比較的、スムーズに見つけられるなど安定的に転職先を確保することが出来るようになっています。

医師のアルバイト探しなら医師求人サイト

常勤医師とアルバイト医師を比べたところ、時給においてはアルバイトの方が上回っているという結果がでています。ですが一般の企業と同様、安定性においては常勤医であったほうが有利である場合もあるため、収入アップを見込んで現在の常勤医を続けながら、休みを使ってアルバイトをおこなっている医師の姿も多くあるようです。

アルバイト形態も様々で、週末のみに限定したものや、希望した指定日のみ勤務する方法もありますから、自分に合う働き方を見つけてみると良いでしょう。その際役立つのが、アルバイトに特化した医師求人サイトです。

医療機関以外の医師求人サイトについて

医師求人サイトの中には、病院の他に企業や役所関係で募集をおこなっている場合があります。中には医師と変わらない高収入なところも少なくないようです。例えば製薬会社のメディカルドクターです。企業勤めですから、年間休日もそれに合わせて休むことが可能です。

ですがこれまでの医療現場と大きく違う業務内容ですから、戸惑う点も多いかもしれません。そのため事前に詳細な情報を得ておく必要があります。その手助けとなるのが医師求人サイトの担当者です。業界にも精通している優れた担当者であれば、よき相談者となってくれるでしょう。

医師求人の大切なポイント

医師の転職を成功させるうえで、医師求人をしっかりと見極める事は、非常に大切であることでしょう。同じ診療科目によっては勤務する機関や施設、受け入れの体制などによって、明暗を分けることもめずらしいケースではないようです。

せっかく決心した医師転職でありますので、失敗したくないでしょう。失敗しないためにも、第三者である医師転職に長けている医療系のエージェンシーなどにサポートを求めてもいいでしょう。彼らは多くの医師求人を熟知されていますので、客観的な立場での意見や、一人ひとりの医師に対して適したアドバイスをして下さるでしょう。

医師求人について